悩み無用~ゴルフログ~
ゴルフを難しく考えてる方、ゴルフ雑誌の読み過ぎで頭でっかちの方、まずは原点に戻りましょう!ゴルフ上達には感性で振れるシンプルスイング作りが一番の近道です。貴方がなぜ上達しないのか早く気づきましょう!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
腕の使い方
グリップとアドレスを説明する前に、スイング軌道を安定させ、効率よくスイングするための腕の使い方を説明します。

ゴルフの格言では、グリップエンドがおへそを指したままスイングするようにとか、両腕でできる三角形を維持したままスイングするように書かれています。
といっても、この状態を維持したままフルショットはできません。

上記の事を守るのは、バックスイングではシャフトが地面と平行になる所までです。
おおよそグリップが腰の高さぐらいだと思います。
またこのポジションをハーフウェイダウンと云います。
バックスイングでハーフウェイダウンを過ぎて、さらにクラブを上げていくと、右手は折り畳まれていきます。その際、右肘が外側に開いてしまってはいけません。
外側に肘が開いた状態をフライングエルボーと云いますが、フライングエルボーでは正確なスイング軌道にクラブを下ろすことを難しくします。
オーバースイングとなったり、ループしてダウンスイングをしている方の大半が、右肘が開きルーズになっているためです。
オーバースイングが絶対悪とは云いませんが、練習量の限られたアマチュアに於いては、オーバースイングから安定したスイングを行うことは難しいでしょう。
右脇、右肘が締まった状態でコンパクトなトップを作れば、ダウンスイングでスイングプレーンから外れるということは無くなります。
但し、切り返しで力んでしまっては、ダウンスイングの出だしでスイングプレーンから外れてしまうのですが・・・


次にフォロースイングですが、フォローでも同様に左肘が外側に開いてしまってはいけません。
左肘が外に引けるようなスイングでは、クラブヘッドが遠心力を得ることが出来ず、またヘッドの軌道がスライドして動いてしまうため、ボールをつかまえることが出来ず、スライスしか打てなくなります。

以前説明したと思いますが、遠心力を得るためには軸に近い部分の運動量が小さくなければいけません。
クラブヘッドの運動量(動く距離)と同じ運動量(距離)手元が動いてしまえば、シャフトの長さを有効に活用できていないことになります。

手元の運動量に比べて、手元より遠くにあるクラブヘッドを大きく動かすことが遠心力を使って飛ばすことになります。
がむしゃらに振り回すより効率が良いのは明白です。

遊具のブランコもそうですが、一方が固定されているから遠心力を利用して遊べるわけで、両方が動く構造であればブランコと云う遊具は成り立ちません。
要するに、左肘が引ける(左脇が開く)ようなスイングでは、手元の運動量が大きくなり、遠心力を効率よく活かせないということです。

まとめておくと、
バックスイングでは右脇と右肘をコンパクトに
フォロースイングでは左脇と左肘をコンパクトに

ということです。

インパクト以降、
しっかり左脇を締めることが出来れば、クラブヘッドを十分に体の正面に呼び込んだスイングとなるはずです。この時ヘッドアップをしてしまっていると、出来ないということもわかると思います・・・

脇と肘が開いてしまう方の多くは、セットアップ(アドレス・グリップ)の仕方がまずかったり、力一杯ボールを叩こうとしている方に多いようです。

ボールを力一杯叩くことは、スイング軌道が安定しないだけでなく、インパクトの時フェイス方向がぶれやすく、ミスショットの原因となります。力みを取り、しなやかにクラブヘッドを加速させるイメージが大切です。
次にセットアップ(アドレス・グリップ)が原因となっている場合ですが、そちらは追々・・・



パターの距離感はイメージ力が大切です。


他のゴルフブログは↓から
     ゴルフblogランキングへ


こちらのサイト↓も参考にしてください。
私これで上達します!!

スポンサーサイト
【2005/12/21 11:07】 ゴルフログ | TRACKBACK(1) | COMMENT(7) |
スイングの安定
今回はスイングプレーンをはずさない安定したスイングについて、
特に、バックスイングの時について考えてみます。


バックスイングでは、最初の30cmを真っ直ぐ引くように云われています。
これってどうでしょう?

間違いとは云いません・・・
しかし、これを忠実に行うことで、スイングリズムを壊したり、
逆にプレーンから外れてしまう人が多いように思われます。

スイングは、軸を中心とした回転運動です。
その回転運動の中で、クラブを真っ直ぐ引く動きが入れば、
それは軌道から外れてしまうことにほかなりません。

格言に云われている、最初の30cmを真っ直ぐ引くというものは、
左肩をしっかり回した、大きなスイングアークを作れと云うことです。
手で簡単にクラブを上げてしまう人のために、作られた格言だと云うことです。


バックスイングで、左肩をしっかり回さなければ、
体の回転(ボディーターン)でスイングすることができません。
手打ちスイングになることから、腕に力が入ってしまい、
スイング軌道が安定しにくくなります。
また力が入ることにより、ヘッドスピードも上がりません。
さらに肩の回転が浅いと、スイング軌道がアウトサイドインとなるため、
スライスが出やすくなり、
またそれを嫌って手元で操作するとチーピンが出てしまいます。

バックスイングにおいては、上半身(左肩)が十分に捻転されることと、
力まないことが重要となります。



次に安定したバックスイング軌道ですが、
スイング軌道を安定させたいのであれば、スイングから無理な動き、
違和感を感じる動き、無駄な動きを取り除いてやることです。

無理な動き、違和感を感じる動きを取り除くには、
無心でバックスイングすることです。。

クラブ軌道をあれこれ考えず、
クラブヘッドを後ろに放り投げるように躊躇無くクラブを上げて見てください。
その時のスイング軌道が貴方にとって、もっとも安定した軌道のはずです。
何も意識せずにクラブを上げられるのですから・・・


ただこれで完成ではありません。
無駄な動きを取り除き、正しい腕の動きが出来なければ、
ボールを真っ直ぐ、遠くへ飛ばすことができませんので。。

また正しい腕の動きを行うためには、グリップやアドレスも非常に重要です。
次回はグリップとアドレスについて説明する予定です。。


無駄な動きを取り除き、正しい腕の動きを習得したい方は、
シンプルスイングマニュアルを参考にしてください。



バックスイングをどこに上げようかと悩んでいる人に、
ゴルフのウマイ人はいないのでは・・・


 ≡=-≡=-≡=-≡=-≡=-後 記-=≡-=≡-=≡-=≡-=≡

皆さんパッティングの練習してますか?
パッティングは家の中で、時間も天気も気にせず練習できます。
またラウンド中最もよく使うクラブもパターですね。

その割にはパッティングの練習をされている方が少ない様な・・・

どうして打ちっ放し練習場には行くのに、自宅ではパターの練習を
しないのでしょう?

・練習しても成果があがらないから?
・いまいち練習方法がわからない?

パターの練習はパッティングをシンプルに捉えたるためのものです。
パッティングがシンプルになれば、本番は距離感と狙ったラインに打ち出す
ことだけに集中できます。

練習方法がわからない方はこちらを参考にしてみてください。。
     
私も読みましたが、感動的な発見がありました。。



他のゴルフブログは↓から
     ゴルフblogランキングへ

こちらのサイト↓も参考にしてください。
私これで上達します!!

【2005/10/20 22:27】 ゴルフログ | TRACKBACK(3) | COMMENT(6) |
切り返しが大切
クラブヘッドを効率よく遠心力に載せるためには、切り返しが非常に大切です。
切り返しのタイミングが合えば、クラブヘッドはスムーズに加速していきます。


トップにおける切り返しは、
クラブが上方向から下方向へと、動きが大きく変化する時点です。

この時、
トップに上がりきる前に、下半身の回転が先に始まり、
上半身と下半身の進行方向が逆になることにより最大の捻転差が生まれます。

下半身は先に回転していきますが、
上半身がもうそれ以上捻転できないところまで行き着くと、
跳ね返るように戻ろうとします。

この作用(反動)に合わせながらダウンスイングに入ることで、
腕に力を入れることなく、クラブヘッドを加速させることができます。


トップでスイングを止める人が多いですが、
これではせっかくの跳ね返りをパワーとして活かせません。


ウマイ人のスイングを見てください。
リズム良く、よどみなく、流れるようにスイングしています。
またスイングに力みが見られません。

そういった人は、スイングを一連の動作として、トップでスイングを止めたりせず、
流れるようにスイングしているのがわかります。

切り返しの反動を効率よくダウンスイングに移行できるため、
スイングに力みがありません。


逆にいえば、多くのアマチュアゴルファーは、力みがあるために、
切り返しの跳ね返り作用を感じることができずに、
余計に力んでしまい、力でクラブを速く振ろうとしています。


ゴルフスイングでは、よくゆっくりスイングするよう云われています。

しかしスイングスピードをゆっくり振っても遠くに飛んで行くはずはありません。
当然です。


このゆっくり振れと云うのは、切り返しであわてるなということです。

切り返しではあわてずに、十分に間(ま)を感じて、
ゆとりをもってスイングします。

そうすることで、切り返しの反動をスムーズに遠心力に転換することができ、
ヘッドスピードを上げることができます。


ゆっくりではなく、ゆとりあるスイングを心がけましょう!


他のゴルフブログは↓から
     ゴルフblogランキングへ

こちらのサイト↓も参考にしてください。
私これで上達します!!

【2005/08/23 15:06】 ゴルフログ | TRACKBACK(2) | COMMENT(6) |
スイングを理解する
ゴルフスイングで大切なことは、
効率よくクラブヘッドに仕事をさせることにあります。

そのためには、

▼ 無駄のない動き
▼ 切り返しの捻転差をパワーに変える
▼ 遠心力を十分に活用する

が必要です。

上記の3点を踏まえて、本来あるべきスイングを説明していきます。



まずスイングに力はいりません。



では力をいれずにどうやってボールを飛ばすのか?ということですが、


遠心力で飛ばします。


ボールの飛距離はヘッドスピードに依存します。

ヘッドスピードを上げるためには、クラブヘッドを効率よく振る必要があります。

クラブヘッドを効率よく振るためには、
トップオブスイングでクラブヘッドのしなり戻り(跳ね返り)を利用して、
インパクト以降大きな軌道でクラブヘッドを振り抜いてやることです。

腕の力を使わず、遠心力を使ってクラブヘッドのみに大きな運動をさせます。

難しいかもわかりませんが、スイングの中心(スイング軸)がしっかりと固定され、
動きが小さければ小さいほど、
スイング軸から遠くにあるクラブヘッドに伝わる遠心力が増します。

遠心力が増すことによりクラブヘッドは加速していきます。
(遊具のブランコも、一方の鎖がしっかり固定されているからこそ、
遠心力を得て大きな運動ができます。これと同じ原理です。)


遠心力は大きなスイングアークであればあるほど、大きくなります。

だから大きく振り抜くことが大切です。(宮里藍ちゃんのように)



また力を抜くということに誤解が多いようですが、
それは力を抜いてしまうことによって、スイング自体がゆるんでしまい、
ボールをしっかりインパクトできないということからです。


しかしそうではありません。

力を抜けばクラブヘッドの重さを感じやすくなり、
遠心力を最大限に利用することができます。


遠心力は外へ外へと飛んで行こうとする力です。

この力によって腕は引っ張られ、力を入れなくても腕にテンションがかかり、
スイングがゆるまなくなるのです。


ヘッドスピードは、クラブが短ければ遠心力を利用しなくても、
腕の力でクラブを速く振るのと大きく差がでないかもしれません。


しかしクラブが長くなればなるほど、遠心力を利用したスイングを行わなければ、
ヘッドスピードは上がりません。


ドライバーを力一杯速く振ったところで、
遠心力を有効に使ったスイングの方が遙かにヘッドスピードが速くなります。


腕力に頼ったスイングをしている限り、
クラブヘッドが加速していく感覚を理解することは難しいでしょう。


力を抜きゆるまないスイングこそが、本来あるべきスイングです。

他のゴルフブログは↓から
     ゴルフblogランキングへ

こちらのサイト↓も参考にしてください。
私これで上達します!!

【2005/08/17 23:21】 ゴルフログ | TRACKBACK(1) | COMMENT(63) |
ゴルフ理論の考え方
ゴルフ理論にはたくさんの格言があります。


●テイクバックの最初の30cmは真っ直ぐ引く

●両腕でできる三角形を維持したままバックスイングする

●右膝を動かさない

●首筋から尾てい骨に掛けて軸を作り、軸を中心に回転運動する

●頭を残して、振り抜く

●左脇を締めて、振り抜く

●左の壁を作る


これらの格言は、正しくないのか?

って言うと、そうではありません。


実際私も、スイングを分割してみると、こういった格言通りのスイングになっています。


しかし、意識して格言通りのことを実践しているわけではありません。

ここで言われている格言の型は、
本来あるべきスイングを実践することで、作られるものだからです。


作ると作られるでは意味が全く異なります。

作るは能動的であり、作られるは受動的だからです。。

ゴルフスイングも能動的に行う動作が少なければ少ない程、シンプルで簡単になります。



スイングで云われている格言は、結果論(必然)ということです。

本来あるべきスイングを行えば、自ずと格言に云われている型は出来上がります。

格言にある型を作っていくことは、ナンセンスです。

まずは本来あるべきスイングを理解し、実行することが、スイング作りの近道です。。


本来あるべきスイングについては、次回以降に・・・


他のゴルフブログは↓から
     人気blogランキングへ

こちらのサイト↓も参考にしてください。
私これで上達します!!

【2005/08/09 23:26】 ゴルフログ | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |


プロフィール
弁慶
  • 弁慶
  • 【性別】♂
    【年齢】30代前半


  • カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    最近の記事
  • 腕の使い方(12/21)
  • スイングの安定(10/20)
  • 切り返しが大切(08/23)
  • スイングを理解する(08/17)
  • ゴルフ理論の考え方(08/09)
  • なぜ上達しないのか?(08/02)
  • シンプルスイング(07/27)


  • 最近のコメント
  • パットマン(07/12)
  • オートトレードFX(01/29)
  • 優Tube(09/01)
  • sex Günstig(07/24)
  • günstiger sex(07/23)
  • ゲイ(07/07)
  • 性交(07/06)
  • 萌え(07/06)
  • オンラインFX(07/05)
  • FX取引(07/04)


  • 最近のトラックバック
  • 日々開眼!!90切りをめざせ:技術以前に。寒い!(11/22)
  • CHOICE-CHOICE(ゴルフブログ):フェアウェイウッドって何でしょう?(11/03)
  • CHOICE-CHOICE(ゴルフブログ):まだまだ高反発ドライバー?そろそろ低反発ドライバー?(10/26)
  • ただいま出張中!?:練習日記(10/23)
  • 素晴らしきゴルフ仲間達!:アレッ・・もう・・赤とんぼがいっぱいだ!!(09/17)
  • ★90を切るゴルフ!!簡単ノウハウ大公開!★:☆切れるアイアンの私の打ち方(09/12)
  • Practice makes Age Shoot.:素朴な疑問、その1(08/30)


  • アーカイブ
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年10月 (1)
  • 2005年08月 (4)
  • 2005年07月 (1)


  • カテゴリー
  • 未分類 (0)
  • ゴルフログ (7)


  • お気に入り
  • シンプルスイング修得!
  • ゴルフブログランキング
  • アオイの1分間ゴルフ上達ブログ
  • パッティングマスター!
  • snuff-kinのゴルフ日記
  • にほんブログ村 ゴルフブログへ ブログランキングくつろぐ


    検索


    その他
  • RSS1.0




  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。